クレジットカードの便利なサービスと知られているリボ払い。毎月のご利用金額に関わらず、一定の金額で支払いがOKというサービスです。

 

 

そんな便利なリボ払いなのですが、フラット35のみならず全ての住宅ローンに悪影響をもたらす事は間違いないです。

 

 

これは、クレジットカードのリボ払いに限った事ではなく、カードローンや自動車ローン、教育ローンなど全てのローンがフラット35の審査では関係してくるのです。

 

[スポンサーリンク]

 

 

リボ払いがフラット35の審査で与える悪影響

 

簡単に言いますと、リボ払いがあると借入可能額が減ってしまうことが一番の問題なのです。。

 

 

では、今リボ払いがある人はどれぐらい借入可能額が減ってしまうのか?

 

 

年収別の表となります。

 

 

全く借入がない場合でのフラット35借入可能額

 

年収

借入可能額

300万

2449万

400万

3810万

500万

4762万

600万

5715万

700万

6668万

 

※金利1.5%で35年期間で計算。(金利や支払期間によって、借入可能額は増減します)

 

 

上記をみて分かる通り、リボ払いや他からの借入が無い場合は、フラット35では銀行ローンよりも多くの借入が可能なのが一目瞭然です。

 

 

しかし、リボ払いをはじめとする他からの借入がある場合は、大幅に減ってしまいます。下記に表にしてまとみてみましたので、参考にして下さい。

 

 

 

 

リボ払いの残額や他からの借入がある場合

 

月々1万円(年間12万)を返済している場合

 

年収

借入可能額

300万

2449万→2122万

400万

3810万→3483万

500万

4762万→4435万

600万

5715万→5388万

700万

6668万→6341万

 

 

この金利の条件ですと、月々1万円(年間12万)の返済だけなのに、年収別の借入可能額が327万減ってしまうことになるのです。。大きい金額ですよね。これが原因で住宅ローンが組めない人も多くいるので注意が必要です。

 

 

上記はリボ払い、月々1万の場合ですが、、

 

●リボ払い毎月2万円⇒-654万円

 

●リボ払い毎月3万円⇒-981万円

 

●リボ払い毎月4万円⇒-1300万円

 

が、本来可能な借入可能額から引かれてしまうのです。月々4万円の返済がある場合は1000万以上も借入可能額が減ってしまうので、恐ろしいですね。

 

先にも述べた通り、これはクレジットカードのリボ払いだけに限った事では無く、自動車ローンや他のローンにもいえることですので、可能であればフラット35をはじめとする住宅ローンの審査を受ける前には、リボ払いを完済しておくのが一番の得策といえるでしょう。

 

 

まとめ

 

フラット35の審査で、クレジットカードのリボ払いが悪影響があることは分かって頂けと思います。では、どうすればフラット35の審査で有利にはたらくについてまとめてみました。

 

いくつか対処方法があるので、紹介しておきます。

 

 

@一番良いのは、住宅ローンの審査の前に完済してしまう

 

これが可能であれば、この方法が一番良いです。きれいな状態で住宅ローンの審査に申請できますので、ご希望の借入可能額に近づける事は間違いでしょう。返済の手持ち資金が無い場合は、親や貸してくれそうな人を見つけて返済しましょう。

 

 

A収入合算で借入可能額を増やす

 

リボ払いが審査の前に清算できない場合は、そもそもの借入可能額を上げるという方法が良いでしょう。妻や二世帯住宅であれば親との収入合算で申請すると良いでしょう。1人の収入だと400万だったのが、合算することで600〜700万になることでそもそも可能額が大きくなるので多少の借入があっても、満額回答がもらえる可能性も上がってくるでしょう。

 

ただし、リボ払いは将来的に利息を多く払う支払い方法なので、住宅ローンが通った後もまとまったお金ができれば、リボ払いの完済を目指しましょう。

 

 

B収入合算しない人名義で借入し、リボ払いなどを返済してしまう

 

これは、収入合算しないが大前提ですが、例えば妻名義でリボ払いの分金額を銀行などのフリーローンで組んで返してしまうという方法です。これをする事で、住宅ローン申込者自体の他からの借入は0となりますので、有利となるでしょう。ただし、妻が扶養の範囲内で働いている場合や収入が少ない場合はそのフリーローンも組めない場合もあるので注意が必要です。

 

 

 

結論。リボ払いの完済に知恵を絞ろう!

 

上記に対処方法をいくつか紹介しましたが、一番はリボ払いやその他ローンの完済がBESTです。やはり銀行の印象も全然違いますので。銀行はお金を貸す仕事なのに、他からの借入があるのをすごく嫌います。

 

とりあえずは一旦完済し、住宅ローンが通ってしまえば、自動車ローンや他のローンを組んでも問題ないので、まずは住宅ローンの申請の前は親や祖父など他の人に頼ってでも、他からの借入は完済しちゃいましょう!

 

身内であれば、月々いくらずつ返済していく等の口約束でも大丈夫でしょう。また、住宅ローンが通ったら、別にローンを組んで返すなど言って貸してもらうのもありでしょう。

 

 

住宅ローンの審査の前は色々と考える事が多く、頭を悩ませている方も多いと思います。

 

たとえ、審査が通ってマイホームが完成して終わりではないので、この機会にリボ払いや他からの借入を考えて、将来のお金設計をしてみると良いかもしれませんね♪

<スポンサードリンク>