フラット35の審査では個人信用情報機関に登録されている情報をみられます。

 

 

カードローンやリボ払い、その他のローンの未払いや遅延がある場合は全てこれらの情報機関でバレてしまいます。

 

 

では、最近払わない人もいる国民年金の未納や滞納はフラット35の審査で影響があるのでしょうか?

 

 

今回はその辺りについて詳しくまとめてみました。

 

[スポンサーリンク]

 

 

国民年金の未納(未払い)はバレる?

 

一般の会社員や法人経営者であれば、会社から天引きされる年金(厚生年金)ですので未納という状態にはまずなりません。

 

 

ではどの状態だと未納になるのか?

 

 

それは、個人事業主(自営業)で自分でコンビニ払い等で年金を収める場合です。これを払わないと未納という状態になります。

 

 

でっ?未払いのフラット35の審査での影響は?

 

 

審査に影響があるといえば、ある。無いと言えば、無い。

 

 

が正解なのです。

 

 

なぜかと言いますと、フラット35の事前審査、本審査の提出書類の中には年金の支払いに特化した提出書類はありません。

 

 

払っている前提で審査は進んでいきます。

 

 

しかし、もしバレるとしたらどこでバレてしまうのか?ですよね。

 

 

それは、自営業(個人事業主)の方なら、必ず提出が求められる確定申告書です。この表の「所得から差し引かれる金額」の中に社会保険料控除という項目があります。

 

この欄が年金を収めていない場合や滞納がある場合に、0円だったり、少ない金額の時は、ほぼ、目をつけられるでしょう。

 

 

取扱銀行や住宅金融支援機構から、税務所でもらう追加書類を求められたらほぼアウトでしょう。

 

 

ですが、取扱銀行によってはバレず、本審査の住宅金融支援機構の審査の方でバレてしまうこともあるのです。

 

年金未納がバレてしまったら、審査落ちしてしまうのか?

 

答えはそんな事はないです。国民年金の未納の事実がばれたとしても、取扱銀行や住宅金融支援機構から、国民年金の支払いを条件付きで審査を通してくれる場合があります。

 

しかし、この場合は今まで未納だった分の国民年金を全て払う必要があるので、多くの額未納していた人は大きな出費となってしまうでしょう。

 

 

年金の未払いが原因でフラット35の不承認になってしまう事はあまり考えられません。それでも年金や各種税金の未払いがあると、審査に全く影響がないかと言えばそうではないので、未納がある場合は審査の前に全て納付しておくことを強くおススメします。

 

 

まとめ

 

国民年金の未納はバレる場合とバレない場合がある

 

確定申告書でバレる可能性は大

 

可能であれば審査に通す前に未納をなくす

 

 

上記が、フラット35の審査で国民年金の未納があった場合の影響についての情報です。

 

 

なんども言いますが、頭金をいれる余裕があれば、先の年金未納分の支払いをしてしまう事おススメします。気分的にも心配しなくても良いので楽です。

 

 

また、国民年金の未納があった状態でフラット35の審査が無事通り、マイホームをゲットしたとしても、国民年金の未納がある限り、財産の差し押さえ等の案内が届く事となります。これを実行されてしまうと、せっかく審査に通って買ったマイホームを没収となれば意味がないのです。。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

日本に住んでいる限りは、国民年金等の義務から逃れられなくなっているのは事実です。

 

マイホームがほしいなら年金も収める。絶対国には年金は払いたくと思えば、マイホームは諦める方が良いと思います。年々、年金の徴収方法が荒くなってきていると聞きますので、財産差し押さえも十分に考えられます。

 

 

年金の場合は、クレジットカードのなど遅延扱いとは異なり、遅れてでもしっかり納付していればローン審査への影響も無いです。

 

 

ですので、フラット35の審査で年金未納が影響する、しない関係なしとなってしまいますが、国民年金は収めておくに越した事は無いです。

 

 

未納分を収めた上で、審査で堂々としているのが一番だと思います。

 

 

年金未払いに関しての情報は以上となりますが、参考になれば幸いです。

 

<スポンサードリンク>