住宅ローンを組む場合、3,000万円の融資を希望していたものの、審査結果を見たら2,500万円の融資しかできないと返答されるケースは珍しいものではありません。このように、借入希望額よりも少ない金額で融資が承認されることを、減額承認と言います。

 

住宅ローンの一つとしてフラット35がありますが、フラット35では年収をはじめ、勤続年数、雇用形態が問われないため、利用しやすい住宅ローンとして知られています。

 

[スポンサーリンク]

 

そのため、審査が厳しめの地方の銀行で、3,500万円の借り入れ希望でローンの申込みをしたものの、審査結果によって減額承認されてしまい、3,000万円なら可能ですと提案を受け、希望金額に満たないため、審査の緩いフラット35を検討されるというケースも少なくありません。

 

確かにフラット35では雇用形態が問われませんし、年収などの制限もないため、自営業者やパートの方なども利用しやすい住宅ローンではありますが、審査が緩いフラット35だからといって借り入れ希望額をそのまま融資してくれるというわけではありません。

 

実際に「フラット35の本審査の承認を頂いたものの、150万円分ほど減額されました。」といった体験談もあります。とはいっても、あなたには一切融資できませんというわけではないので、そこまでネガティブにならないで下さいね。

 

では、減額承認が行われる原因としてはどのようなことが考えられるのでしょうか?

 

住宅ローンの利用にあたり、金融機関側は本当にこの人にお金を貸しても、滞ることなく返済してもらえるのかを調べます。そのため、収入をはじめ、職業、雇用形態、勤続年数などをチェックし、長期間に渡る住宅ローンの返済が滞ることがないように、収入が安定していること、なおかつ継続性があるのかを見極めなければなりません。

 

さらに、返済にルーズな人への融資を嫌いますので、これまでのクレジットカードの利用状況や期限までに返済をしっかりとしていたかなどの、信用情報を調べるのです。

 

そして、借り入れ希望額をそのまま融資していては、返済できない人も出てきますし、金融機関側にとってもこんなリスクは避けたいので、返済負担率という基準を設け、最終的にいくらまでの融資が可能かという判断が下されるのです。

 

フラット35では、年収400万円を基準とし、400万円未満の場合は返済負担率が30%以下、400万円以上の場合は返済負担率が35%以下と定められており、この基準から外れてしまう場合は減額承認されるか、融資自体が承認されなくなってしまいます。

 

年収

400万未満 400万以上

基準

30%以下

35%以下

 

最後に、減額承認されてしまった場合にですが、50万や100万円ほどの減額なら預貯金で対応できそうですし、両親から一部を援助してもらうなど、なんとでもなりそうですが、500万円と高額な減額承認されてしまった場合、資金計画がかなり狂ってきますよね。

 

例えば、2,500万円の物件を購入予定で、2,500万円で借り入れを希望しても、審査を行った結果、あなたには2,000万円の融資しか認められませんと判断が下された場合、この足りない500万円を用意しなければならないのです。
その場合は、融資が認められる範囲内で、このケースだと2,000万円ぐらいで購入できる物件に変更するか、自己資金として足りない500万円を用意するという2つの選択ができます。

 

減額承認によって、これまでの資金計画が狂ってしまうことは事実ですが、金融機関側も返済計画に無理があるような融資は承認しませんし、審査結果によって減額承認されてしまった場合は、借り入れ希望額や無理な返済計画ではないか?などを見直す必要があります。

 

また、以前は多かった減額承認のパターンも紹介しておくと、諸費用分だけ減額するといった報告をよく耳にしました。あくまで諸費用分は自分で用意してくださいねという住宅金融支援機構の回答だったのではないでしょうか。

 

しかし、2018年の4月〜諸費用もローンに組み込みが可能になった為、そのパターンは少なくなってきたようです。住宅金融支援機構側が諸費用分もローンに含んで良いと言っているので、心配ないでしょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

民間銀行の住宅ローンと同じく、フラット35の住宅ローンでも減額承認は十分にありえる事が分かって頂けたと思います。

 

しかし、フラット35の減額の金額は民間銀行の住宅ローンの金額よりも比較的に少ない額の場合が多いです。フラット35で500万などの高額な減額承認などは今まで聞いた事がありません。

 

また、民間銀行の住宅ローンで2500万申請で、200万の減額回答。それがフラット35で申請してみると、2500万の満額回答という事例はたくさんあります。このあたりをみても分かる通り、普通の住宅ローンよりはフラット35の方が緩いのが分かっていただけると思います。(フラットも以前よりは厳しくなっていると言われていますが、やはり民間銀行の住宅ローンよりはマシです。)

 

一般の住宅ローンで減額承認の回答をもらった方も、フラット35も視野に入れてマイホームの計画を立ててみると良いでしょう。

<スポンサードリンク>