民間住宅ローンより審査が緩いと言われている「フラット35」。

 

 

今回はフラット35の審査でカードローンの残額がある場合の影響についてまとめてみました。

 

[スポンサーリンク]

 

フラット35の審査でカードローンがある場合の影響は?

 

 

カードローンの残高がある場合はフラット35の審査で影響は出ることが多いです。

 

 

なぜか?カードローンの残高がある場合というのはすでに借金をしている状態の事です。これはカードローンに限った事ではないのですが、自動車ローンや他のローンにも当てはまります。もちろん、クレジットカードのカードのリボ払いもです。

 

 

これらの借金がなぜフラット35の審査に影響してくるのかと言いますと、フラット35の審査では「返済比率」を重視して見られます。この返済比率にカードローンやその他のローンがひかかってしまうという事なのです。

 

 

フラット35の返済比率表

 

●年収400万円未満:30%以下

 

●年収400万円以上:35%以下

 

これだけです。例えば、年収が400万円であれば、年間の返済比率が30%ですので、120万。年間で全ての借入額が120万円以内に収まらないといけないという事です。月々にしてみれば10万円。

 

フラット35で月々8万円のローンで申請したとして、カードローンを含む他からの借入が月々3万あれば、合計11万円となってしまう為、審査は通らないという事になってしまいます。

 

返済比率はかなり重要視される審査基準となりますので、この返済比率内での資金計画を考えてみると良いでしょう。

 

可能であれば、フラット35の審査に出す前に、カードローンを完済しておくとなんの問題もなクリアできることは間違いないでしょう。

 

 

 

カードローンの使用そのものが審査に与える影響は?

 

カードローンを使っているから、フラットの審査に通らないという事はまずありません。大切なのは、カードローンやクレジットカードで滞りなくしっかり支払いをしているという事です。

 

ただし、地元の地方銀行等にフラット35の審査をお願いする場合は、カードローンの完済・解約を条件を提示してくる銀行も少なくありません。これは銀行のそれぞれのさじ加減ですので、一概に言えません。

 

カードローンの残高があってもそのまま申請してくる銀行、カードローンの完済・解約を条件に申請してくれる銀行、正直イロイロですので、最初から1銀行だけ行ってみてダメだったっていうのは避けてくださいね。

 

この銀行は条件が厳しめだったけど、こっちは比較的緩かったなど必ずありますので、自分に寄り添ってくれる銀行を探しましょう。

 

 

まとめ

 

今回はフラット35の審査にカードローンが影響があるのかについて説明してみました。

 

1、カードローンを使用中でも支払いに延滞がなければ大丈夫

 

2、カードローンを含む他ローンの返済額が、フラットの返済比率内に収まる様にする

 

 

要はこれだけの事です、カードローンを含む他の借金に延滞がある場合は論外となってしまいますが、これをクリアしていればフラットでの審査は良い方向へと進む事はいうまでもありません。

 

 

また、上記でも少しふれましたが、銀行との相性も正直言ってあります。

 

 

地元の○○銀行は、カードローンがあるだけで相手にしてもらえなったが、ネット系でフラット35を申請したら簡単に通ったなんて事例もたくさんあるのです。

 

 

こればかりは、自分にあった銀行やフラット35の取扱店を諦めずに探してみましょう。

<スポンサードリンク>