住宅ローンを利用する場合、必ず審査を受け、仮審査、本審査ともに通らなければ融資を受けることはできません。

 

住宅ローンを申し込んだものの、仮審査や本審査になかなか通らない場合、『このまま住宅ローンを利用できないのだろうか、、。』と不安になりますが、なぜ審査で落とされてしまったかなどの理由は公表されないため、対策や対処法なども分かりませんよね。

 

なかなか住宅ローンの融資が認められない場合、「それなら、フラット35で申込みをしたらいいのよ!」と勧められるケースが多いようです。

 

[スポンサーリンク]

 

フラット35の審査が甘いと言われている理由

 

フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携している住宅ローンで、一般的な住宅ローンと比較すると審査が甘いと評判ですが、本当に審査が甘く、審査に通りやすいのでしょうか?

 

実際に、銀行の住宅ローンの審査では落ちたものの、フラット35で申込みをしたら審査に通ったというケースも存在します。

 

結論から言いますと、フラット35だからといって審査基準が甘いわけではなく、また誰でも融資が受けられるというわけではありません。

 

では、なぜフラット35の審査は甘いことで知られているのでしょうか。

 

実は、2012年にフラット35を取り扱っている一部の金融機関の審査が甘すぎて、会計検査院の指導が入ったというニュースが話題になったように、確かに以前は一部の金融機関での審査が甘かったという事実はあります。

 

フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関のコラボ商品ですから、万が一契約者が返済できなくなっても金融機関側にリスクはないことから、どうしても審査が甘くなっていたようです。

 

しかし、それは過去の話で、会計検査院の指導が入ったことにより審査は厳しくなり、住宅金融支援機構が行う本審査も厳しくなっています。

 

それでも、一般的な住宅ローンと比較して、フラット35の審査は甘いと言われます。

 

その理由としては以下のようなことが考えられます。

 

@年収や雇用形態、勤続年数を問われない。

 

A返済負担率が高く設定されている。

 

B団信への加入が任意とされている。

 

 

いかがでしょうか?

 

フラット35は、年収や雇用形態、勤続年数による制限がないため、転職したばかりで年収が低くても、パートやアルバイトという雇用形態であっても申込むことができ、利用しやすい住宅ローンだということは明らかです。

 

そのため、民間の金融機関よりも、より多くの方が申込むことができますが、あくまで利用条件が民間の金融機関よりも甘く設定されているというだけで、大金を融資するのですから本審査では厳しくチェックされます。

 

また、住宅ローンの利用条件として団信への加入を義務付けているところがほとんどで、健康上の問題で団信に加入できない場合は住宅ローンを組むことができないのですが、フラット35では団信への加入は任意となっており、このあたりも甘いと言われる理由として考えられます。

 

 

では、一方で審査は厳しい、厳しくなったという情報もあります。その辺りについて下記にまとめていきます。

 

フラット35の審査が厳しいと言われる理由

 

「全期間金利が固定されており返済計画を立てやすい!」や「パートやアルバイトでも安定した収入があれば申込むことができる!」「フラット35は一般的な住宅ローンよりも審査が甘い!」などのイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

上記で説明した通り、フラット35の審査は甘いというイメージから、「民間の金融機関の住宅ローンの審査に通らなかったため、フラット35で申込みをしました。」といった方も少なくないようです。

 

しかし、実際はフラット35の審査が甘いというわけではなく、「ハウスメーカーの担当者にフラット35なら大丈夫だと言われていたのに、審査に落ちてしまいました、、。」というケースもあります。

 

そして、最近は以前よりもフラット35の審査が厳しくなったことでも話題となっています。

 

その背景には、会計検査院の指導が入ったことがあげられます。

 

実は、以前はフラット35を取り扱っている一部の金融機関の審査が甘かったということは事実として明らかになっており、2012年に会計検査院から審査の甘さを指摘され、それによって金融機関は以前よりも厳しく審査するようになりました。

 

フラット35の審査が厳しいと言われる背景には、物件に対して厳しくチェックしていることもあげられます。

 

フラット35の公式サイトを見てみますと、借入対象となる住宅としていくつか条件が定められています。

 

例えば、一戸建て住宅の床面積は70u以上、マンションの場合は30u以上であること、オフィス兼住宅の場合は床面積の1/2以上が住宅であること、耐火構造、準耐火構造であることなど、対象となる住宅が、これらの基準を満たしているのか細かくチェックされます。

 

物件が基準を満たす物件である場合には「適合証明書」というものが発行され、適合証明書が発行されない場合はフラット35を申込むことができないのです。

 

ちなみに、耐震性、省エネ性に優れた住宅だと認められれば、「フラット35S」というローンを組むことができ、こちらはフラット35よりも金利が低くなっていますので、より性能の高い住宅の場合は「フラット35S」がお勧めです。

 

フラット35では、民間の金融機関で事前審査を受け、その後住宅金融支援機構による本審査が行われます。そのため、申込みの窓口となる各金融機関によって、審査にバラつきがあるのではないかと思われるかもしれません。

 

仮に、フラット35の審査に落ちたからといって、別の銀行で再度申込みをしても、結局、住宅金融支援機構が行う本審査に通らなければ融資を受けることはできないので、銀行によって審査結果に影響が出るというわけではありません。

 

ただし、金利や手数料は金融機関によって異なってくるため、その結果、返済額が大きく変わってくることもありますので、そのことをふまえた上でより最適な金融機関を選ぶ必要があります。

 

そして、事前審査で落ちてしまう人のほとんどが個人信用情報に問題がある場合がほとんどなのです。フラット35では年収が少ないからダメや頭金がないから審査で落ちてしまうことはまずありえないのです。

 

事前審査で落ちた場合に考えられる理由

 

@申込条件にあっていない

 

A直近の2年間に返済遅延などが2回以上ある

 

B他社の借入件数が多い

 

C借入金額が多い

 

D勤続年数が半年未満

 

E債務整理の経験がある

 

などが主に挙げられます。申し込み条件と返済比率、個人信用情報にキズがなければほぼ事前審査は通りますので安心して下さい。

 

 

本審査に落ちてしまう考えられる理由

 

事前審査でほぼ個人信用情報などは銀行がチェックしますので、本審査で落ちてしまう理由は以下の理由があります。

 

物件の資産価値が借入金額よりも低いことが一番にいえます。住宅金融支援機構は個人の属性よりも購入物件の資産価値を重視して審査すると昔から言われています。

 

この場合は自分ではどうしようもないことなので、頭金などの自己資金を増やして借入金額を少なくするか、各銀行の住宅ローンで組むしかないでしょう。

 

■合わせて読みたい記事

 

>>フラット35の本審査で落ちた理由・再審査は?

 

 

まとめ

 

フラット35の審査は甘いようで甘くない。厳しいようで厳しくないという事です。

 

実際に銀行の住宅ローンでダメだった方がフラットなら通った方も知っているだけでも大勢います。その部分だけみると確かに甘いとも言えます。

 

しかし、住宅金融支援機構の本審査ではしっかり物件の資産価値などもチェックされますので、その辺りでは厳しい結果となってしまうことも否定できないのです。物件の資産価値が問題の場合は民間銀行の住宅ローンに申し込みをする方が良いかもしれませんね。

 

また、上記でも説明した通り、2012年以前よりは審査は厳しくなったといえるでしょう。

<スポンサードリンク>