住宅を購入する場合、現金一括で購入されるという方はほんのわずかで、ほとんどの方が一部を頭金として用意し、残りを住宅ローンとし返済していくことになると思います。

 

 

住宅ローンを組む際は年収の目安や、年収の何倍ぐらいまでローンを組むことができるのか?といったことが気になりますよね。

 

【住宅ローン 年収 300万】や【住宅ローン 年収 400万】【住宅ローン 年収 手取り】などのキーワードの検索数も多く、関心度の高さがうかがえますが、住宅ローンとなればまずは民間融資となる銀行を検討される方は多いのではないかと思います。

 

一般的な住宅ローンを組む時には年収の5倍程度、返済負担率は25%以下が目安だとされています。

 

 

しかし、銀行で融資を受けるには年収をはじめ、勤続年数などの基準が設けられており、条件を満たさない場合は審査に落ちてしまったり、借入の減額を要求されることになります。

 

 

[スポンサーリンク]

 

最低でもこの年収をクリアして下さいという条件が銀行によって異なってきますが、多くの銀行では年収が300万円以下なら審査に通すことが難しいと言われています。

 

 

また、年収の条件はクリアしていても、派遣社員や転職後1年も経っていないという場合も審査には不利な状況で、借入が難しくなった場合、審査が通りやすいと言われているフラット35を検討されるようです。

 

 

フラット35は、金利の変動がないため返済計画を立てやすく、保証料や繰り上げ返済時の手数料がかからならいなどのメリットがあり、利用しやすい住宅ローンで実際に多くの方が利用されているようですが、フラット35は年収制限なども細かく設けられているのでしょうか?

 

 

フラット35では年収制限を設けていない!

 

いくら利用しやすい住宅ローンとはいえ、年収制限は設けられていそうですが、実はフラット35では年収制限は設けられておらず、年収が300万円以下であってもフラット35であれば住宅ローンを利用することはできます。

 

 

しかし、年収に見合った返済負担率となるように、年収に応じて融資額が設定されているようで、年収400万円が基準とされており、年収400万円未満であれば30%以下、年収400万円以上であれば35%以下と定められています。

 

 

ただし、返済負担率を25%以下に抑えた方が無理なく返済していけると言われていますので、借りられるだけ借りるというのではなく、住宅ローンの他に毎月どれぐらいの出費が必要で、どれぐらいの収入の中でやりくりしていくのかをしっかりとシュミレーションしておく必要があります。

 

 

近年は、低金利、以前よりも住宅ローンの条件が緩くなっていることもあり、お金を借りるのには有利な条件にありますが、中には年収に対しての借入額がちょっと多すぎないか、、、といったケースもありますよね。

 

 

しかし、住宅ローンの返済で家計が圧迫されてしまうのでは、長期間滞りなく返済していくことは困難になってきますので、無理なく返済していけるだけの借入額に抑えることが大切です。

<スポンサードリンク>