住宅の購入時に、一部を頭金として支払いその残りの金額で住宅ローンを組み、何十年もローンを返済していくという方がほとんどだと思いますが、一般的には最長の35年間でローンを組まれるといった方が多いのではないかと思います。

 

 

しかし、35年間のローンを検討しており、現在の年齢が40歳という場合、35年間でローンを返済した場合、完済時の年齢が75歳ということになりますし、一体何歳までなら住宅ローンの借り入れが可能なのか?といった疑問も出てきます。

 

大手の都市銀行やネット銀行では、申込み時の年齢が20歳〜65歳未満というところもあれば、20歳〜70歳未満と若干年齢は異なっているものの、完済時の年齢は80歳未満というところがほとんどです。

 

 

最近はテレビCMなどでも、ずっと固定金利で安心な住宅ローンとして「フラット35」を宣伝されていますが、フラット35の場合、何歳までなら借り入れすることができるのでしょうか。

 

[スポンサーリンク]

 

近年、結婚の晩婚化などの影響に伴い、必然的に住宅を購入する年齢もあがり、当然住宅ローンの申込み時の年齢もあがっています。

 

 

調べてみると、フラット35は申込み時の年齢が70歳未満、完済時の年齢は80歳となる日までという条件が定められています。

 

 

仮に、40歳であっても最長の35年間でローンを組むことができますし、ローンの期間を短くすると50歳であってもローンを組むことができるのですが、40歳、50歳を超えてからの長期間の住宅ローンにはリスクがつきものです。

 

 

フラット35では最長で35年間のローンを組むことができますが、仮に結婚とともに家の購入を決断された27歳の方が、35年ローンを組んでも、ローンを完済時には62歳ということになり、退職が65歳の場合は、退職するまでにローンを返済することができます。

 

 

ちなみに、我が家はフラット35ではありませんが、某銀行で35年間のローン、主人が29歳の時に申込みをしたので、繰り上げ返済などを考慮せずに単純に計算すると、64歳にローンを完済するという計算になります。

 

 

しかし、仮にローンを組んだ時の年齢がすでに45歳とし、30年の住宅ローンを組んだ場合、完済時の年齢は75歳で、当然定年退職しており、年金生活の中からローンを返済していくことになります。

 

 

もちろん、40歳を超えてから住宅ローンを組まれる方でも、まとまった退職金や繰り上げ返済などで上手にローンを返済されていく方もおられますので、全ての方にリスクというわけではありませんが、住宅ローンを組む時の年齢なども注意が必要です。

 

 

実際に、定年後も住宅ローンの返済が10年ほど残っており、年金生活や貯金からやりくりし、何とか住宅ローンを返済されているというケースは決して珍しいことではありません。

<スポンサードリンク>