突然、解雇されるなんてことは余程のことが無い限り、まずあり得ない公務員。

 

 

公務員のメリットとして給料が良く、安定した収入があり、公務員というだけで社会的な信頼度も高いことなどがあげられます。

 

 

社会的な信頼度が高いということは、住宅ローンの審査の面でも非常に有利になります。
基本的に、住宅ローンを申し込む時の条件として、多くの金融機関では勤続年数が最低2〜3年以上といった条件を設けているところが多いです。

 

しかし、公務員の場合は勤続年数が多少短くても、審査に通過できるケースもあるようです。

 

そのため、公務員の方で住宅ローンを検討されている場合、金利をはじめ、疾病保障などが充実したものなど、複数の住宅ローンと比較したうえでより最適な住宅ローンを選択することが可能です。

 

[スポンサーリンク]

 

住宅ローンの選択肢の一つとして、ずっと固定金利のフラット35も候補にあがっているかもしれません。

 

公務員の方の場合だと、住宅ローンを組む時に金利優遇を受けられると聞いたことがありますが、フラット35では金利の面で優遇されるのでしょうか。

 

調べてみると、フラット35では公務員だからといって特別な優遇などは行われていないようですね。

 

以前は金融機関によっては公務員専用の住宅ローンを取り扱っているところもあったようですが、現在はないようで、公務員だからといって住宅ローンの金利の面での優遇を受けることはできないようですね。

 

ちなみに、フラット35では、年収が400万円未満の場合は返済負担率が30%まで、年収が400万円以上の場合は返済負担率が35%までの借り入れが可能となります。

 

公務員は安定した収入が得られますし、社会的な信頼度も高く、住宅ローンの審査では非常に有利ですが、中には公務員なのに住宅ローンの審査に落ちてしまうというケースもあるようです。

 

実際にインターネット上では【公務員 住宅ローン 通らない】などのキーワードでの検索数も多く、「公務員、勤続年数8年、年収400万円弱、数百万円の頭金も用意し申請したものの、2回も仮審査に落ちました、、。」などの体験談があります。

 

 

民間の金融機関で住宅ローンの審査が通らなかった場合には、比較的審査が緩いと言われているフラット35を検討されるかもしれませんが、収入が安定している公務員の方がローンの審査に通らない原因としては以下のようなことが考えられます。

 

 

審査に落ちてしまう原因としては、クレジットカードや携帯電話料金などの支払いを延滞したことがある、年収に対し借り入れ希望額が多いことが考えられます。

 

 

特に、過去に支払いを延滞したことがある人の場合、信用情報機関にブラックリスト登録されていることが考えられるため、他の住宅ローンで申請しても落ちてしまう可能性が高いため注意して下さい。

 

<スポンサードリンク>