このページでは、フラット35を扱うネット銀行の中でも人気のある「楽天銀行のフラット35」の審査基準や手数料、評判やつなぎ融資の情報などについてまとめています。

 

これからフラット35で楽天銀行も検討している方は参考にしてください。

 

[スポンサーリンク]

 

 

楽天銀行のフラット35の審査基準や審査期間は?

 

最近、ネット銀行で新たに口座を開設される人が急増しています。そもそも、ネット銀行とは、インターネット上での取り引きを中心に展開されている銀行のことを言い、店舗を持たない分、ATM手数料などがお得になっています。

 

ネット銀行の一つに楽天銀行がありますが、楽天銀行では住宅ローンの取り扱いもあり、フラット35と金利選択型の2つの住宅ローンがラインナップされています。

 

楽天銀行の住宅ローンに関しては「楽天銀行から申込みを行うとフラット35の審査に通りやすい!」や「楽天銀行の審査基準は甘い!」などの噂もありますが、これって本当なんでしょうか。

 

結論から言います。

 

楽天銀行だからといって、フラット35の審査に通りやすいということはありません。

 

これは、フラット35の審査は住宅金融支援機構の本審査のみとなりますので、窓口となる楽天銀行の審査が緩くても、結局は本審査に通らなければ融資は認められないからです。

 

しかし、フラット35の場合、審査基準はそれほど厳しいものではありません。

 

実際に、楽天銀行のフラット35と金利選択型の2つのローンで比較してみたいと思います。

 

 

楽天銀行のフラット35の審査基準は?

 

・年収:制限なし

 

・雇用形態:制限なし(パート、アルバイト、派遣社員も可)

 

・勤続年数:制限なし(転職したばかりでも可)

 

・団信への加入:任意

 

・年齢:70歳未満(完済時の年齢が満80歳未満であること)

 

 

楽天銀行の金利選択型の審査基準は?

 

・年収:400万円以上であること

 

・雇用形態:パート、アルバイトは不可

 

・勤続年数:1年以上であること、ただし個人事業主の方などは2年以上であること

 

・団信への加入:必須

 

・年齢:65歳6ヶ月未満(完済時の年齢が満80歳未満であること)

 

 

フラット35と楽天銀行の金利選択型を比較すると、フラット35の方が審査基準が緩く設定されていることは一目で分かりますね。

 

ただし、楽天銀行のフラット35の審査基準が緩く設定されているのではなく、フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携している住宅ローンなので、その他の金融機関でも、審査にあたり基準は同じです。

 

最後に、楽天銀行でフラット35の申込みを行った場合、審査に要する期間も気になると思いますので、紹介しておきます。

 

楽天銀行からフラット35を申込む場合ですが、融資実行までに最短でも35日前後の日数を要し、混雑しているような状況だと更に日数を要することもありますので、それらを考慮したうえで検討するようにして下さい。

 

事前審査の機関は当日〜3日以内に返事がある事が多いです。それから本審査へと進む流れとなります。

 

楽天銀行のフラット35の融資手数料は安い!

 

住宅ローンを利用する場合、手数料や税金、保険料などもかかってきますが、これらの費用は決して安いものではないため、複数社で比較される方が多いようです。

 

住宅金融支援機構のフラット35の申込み窓口は、取り扱いのある金融機関となりますが、各金融機関によって、手数料なども異なってきます。

 

金利が低く設定されていても、手数料がかなり高く設定されているところもあれば、手数料は借入額に関係なく定額型となっているところでは、金利はかなり高めに設定されているところもあります。

 

住宅ローンを選ぶ時には、金利の安さを重視しがちですが、手数料を少しでも安い金融機関を選ぶことで、住宅ローンの総返済額を少しでも安く抑えることができます。

 

フラット35を提供している金融機関の中でも、特に楽天銀行のフラット35の金利や手数料が低いことでも注目を集めています。

 

楽天銀行とは、その名の通りあの楽天グループの会社です。

 

楽天銀行のフラット35の融資事務手数料は業界最低水準とされており、借入額×1.08%(税込)となっており、最低手数料108,000円(税込)〜となっています。

 

ただし、返済口座に楽天銀行以外を指定した場合には、借入額×1.404%(税込)とされています。(これでも他のネット銀行の手数料より安い場合があります。)

 

ちなみに、保証料、繰上返済手数料ともに無料とされています。

 

実際に、融資事務手数料の安さや業界でも最低水準となるほどの金利の安さから、楽天銀行のフラット35を選択される方が多いようですね。

 

 

楽天銀行のフラット35の口コミや評判はどうなの?

 

フラット35を取り扱っている金融機関は数多く存在しますが、ネット銀行である楽天銀行のフラット35を選択される方も多いです。

 

楽天銀行のフラット35が人気の理由としては、金利が安いことや事務手数料が安く設定されていることがあげられます。

 

住宅ローンは長期に渡るものですから、少しでも金利が安く、事務手数料が安いところを選び、ローンの総返済額を少しでも安く抑えようと考えるのは当然です。

 

しかし、なるべく評判や口コミが良い銀行で、気持ちよく融資を受けたいのも事実ですよね。

 

そこで、今回は楽天銀行のフラット35の口コミや評判についてまとめてみました。

 

 

「楽天銀行のフラット35を利用した者です。
これは、事前の情報では分からなかったのですが、楽天銀行では登記する時の司法書士が指定されています。
別に指定されていることに不満はありませんが、費用が一般的な相場よりも高くついたところは唯一の不満点です。」

 

 

「手数料の安さ、金利の安さが楽天銀行を選んだ決め手となりました。
ただし、ATM利用手数料が、他の銀行と比較するとやや割高な印象です。」

 

 

「楽天銀行のフラット35の事前審査に申込みました。
分からないところもあり適当に入力したため、案の定、審査が通らず、Skypeで指導してもらいながら再度、事前審査に申し込もうと思っていました。
しかし、楽天から電話があり、再び事前審査をしても結果は変わらないと言われてしまい、理由を尋ねても納得のいく回答が得られませんでした。」

 

 

いかがでしょうか?

 

楽天銀行のフラット35でローンを組まれた方々からは、司法書士が指定なんて知らなかったという不満や、とにかくその費用が高いなど不満の声があがっています。

 

また、楽天銀行をはじめ、ネット銀行では窓口を設けないため、インターネット上で自らデータを入力する必要があるのですが、一度入力したデータを送信すると銀行側に残るという仕組みになっています。

 

そのため、事前に誤ったデータで送信し審査に落ちてしまった場合、再度訂正したデータを送信しようとしたらエラーになってしまうこともあるようですから、このあたりは十分に注意する必要があります。

 

悪い評判や口コミは少なく、楽天銀行のフラットは比較的評判が良いといえるでしょう。

 

楽天銀行はフラット35以外にも様々な金融商品を扱っているので、なんといってもスピーディーに審査や融資実行が進むと良い評判の方が多いです。

 

 

楽天銀行のフラット35にはつなぎ融資はあるの?金利は?

 

住宅ローンを利用して注文住宅を建てる場合、融資の実行は建物が完成した後に行われるため、建物が完成する前にまとまった支払いが必要となった場合には、つなぎ融資を行い、一時的な借入れを行う必要があります。

 

つなぎ融資を取り扱っていない金融機関もありますが、楽天銀行ではつなぎ融資の取り扱いはあるのでしょうか?

 

調べてみると、楽天銀行では、つなぎローンといったものが用意されており、楽天銀行の住宅ローン(フラット35、フラット35S、「固定と変動」)に申込みをし、住宅金融支援機構の買取仮承認を取得した場合であれば、融資が実行されるまでのつなぎとして融資を受けることができます。

 

つなぎ融資の条件は金融機関によってそれぞれですが、何回までの融資が可能なのか?なども気になるところです。

 

そこで、楽天銀行の住宅ローンを組む場合に利用できる、つなぎローンについて簡単にですがまとめてみました。

 

まず、楽天銀行のつなぎローンでは、土地取得資金、着工金、中間金の最大3回までの分割での融資が可能となっており、借入限度額は以下のとおりです。

 

・土地代金:売買契約金額の100%以内

 

・着工金:建築請負契約金額の30%以内

 

・中間金・・・建築請負契約金額の60%以内(着工金との合計となります。)

 

また、つなぎローンの融資事務手数料に関しては、1回目のつなぎローンの融資時に108,000円(税込)かかりますが、2回目以降は不要となっています。

 

さらに、融資手数料以外にも、つなぎ融資期間の利息も必要となってきます。(年率、約2〜3%)

 

金利については毎月見直されるので、楽天銀行のホームページを参考にしてください。

 

また金利は契約をするタイミングでの金利が適用となりますので、申込月の表示金利ではないので若干注意が必要です。

 

<スポンサードリンク>