このページでは、フラット35を扱うモーゲージバンクの「日本住宅ローン」の審査基準や手数料、評判やつなぎ融資の情報などについてまとめています。

 

これから、日本住宅ローンでフラット35を検討している方は参考にして下さい。

 

[スポンサーリンク]

 

 

日本住宅ローンの審査基準や審査期間は?

 

住宅ローンの検討にあたり、一度はフラット35を検討される方も多いようです。

 

フラット35であれば、最長で35年の間ずっと固定金利で利用することができる住宅ローンで、民間金融機関と住宅金融支援機構のコラボによって実現されている商品です。

 

ずっと金利が固定されているため、金利に左右されることはありませんし、返済計画が立てやすく、将来的にも安心だというメリットが得られます。

 

そんなずっと固定金利で安心なフラット35を取り扱っている金融機関の一つとして、日本住宅ローン(MCJ)があります。

 

もしかしたら、ご存知ではない方もおられるかもしれませんが、日本住宅ローンは大手ハウスメーカーの積水ハウスや大和ハウス工業、住友林業、セキスイハイムと日立キャピタルの共同出資によって設立され、住宅ローンを専門に扱う金融機関です。

 

日本住宅ローン(MCJ)では、主力商品としてフラット35を取り扱っていますが、提携しているハウスメーカーの方限定の「MCJフラットプレミアム」をはじめ、スタイルに合わせて借入期間を選ぶことのできる「MCJフラット35・20」や、フラット35とMCJプロパーローンを組み合わせ、物件価格の100%まで申込み可能な「MCJフラット35パッケージ」など、ラインナップも豊富に用意されています。

 

フラット35の申込み金融機関として、日本住宅ローンも候補にあがっている場合は、ここでの審査基準も気になると思います。

 

フラット35の審査に関しては、申込みを行ってから事前に書類のチェックなどが申込みの金融機関を通して行われますが、本審査は住宅金融支援機構によって行われます。

 

適合証明書の交付を受けていること、年収に対して返済負担率がオーバーしていないか、技術要件を満たしているのかなどの基準を元に審査されます。

 

「フラット35=銀行の住宅ローンよりは審査が甘い!」といったイメージをお持ちの方も少なくないようですが、フラット35の貸し倒れ率の高さが指摘されたこともあり、以前よりも厳しく審査をされるようになりました。

 

ただし、他の住宅ローンと比較すると審査基準が緩いのは事実で、フラット35では年収や勤続年数、雇用形態などが問われないため、転職して1年未満の人や正社員ではなくてもローンを申込むことができます。

 

また、審査期間も気になるポイントかと思います。

 

フラット35を取り扱っている金融機関は沢山あるのですが、審査期間は若干異なっているため、なるべく早く融資を受けたいという方の場合は、審査期間も事前に調べておくことをお勧めします。

 

特に審査がスピーディーな金融機関では、事前審査が最短で当日、本審査が最短で3営業日と驚くような早さで審査が行われているようです。

 

日本住宅ローンの審査期間に関しては、審査が早いと宣伝されていないため、審査の早さは特別ウリとはされておらず、一般的な審査期間と考えられそうです。

 

日本住宅ローンの融資手数料は高い?

 

フラット35を取り扱っている金融機関は沢山ありますので、申込みをされる際にどの金融機関を選ぶべきか?といった悩みに直面される方が多いようです。

 

フラット35を取り扱う金融機関の一つとして、日本住宅ローンという住宅ローンを専門に取り扱っている金融機関もあります。

 

特に積水ハウスや大和ハウス、住友林業、セキスイハイムなどの提携会社で住宅を建築される場合に、担当者から日本住宅ローンのフラット35を勧められるケースが多いようです。

 

実際に、上記の提携会社で建築予定の方が、ハウスメーカーの営業マンに薦められるがままに日本住宅ローンで前向きに話を進めていったものの、途中でフラット35を取り扱っている金融機関の中には、ここよりも金利や手数料が安く、他でローンを組んだ方がお得なのでは?ということに気付かれるという方もおられるようです。

 

そうなんです!

 

実は金融機関によって、金利や事務手数料はそれぞれなので、これらを含めた総返済額を事前にしっかりとシュミレーションした上で、金融機関を選択されることをお勧めします。

 

そこで、今回は日本住宅ローンの事務手数料に注目してみました。

 

まず、この事務手数料に関しては一律●●万円と設定されている金融機関もあれば、融資額×約2%の手数料が必要になるところもあります。

 

日本住宅ローンでは「MCJフラットプレミアム」や「MCJフラット35パッケージ」、「MCJフラット35・20」など商品のラインナップは豊富ですが、金利タイプも『標準タイプ』と『特約スーパーまいど』が用意されています。

 

標準タイプの場合だと、借入時の費用を最小限に抑えることができ、融資事務手数料は30,000円〜100,000円となっています。しかしその分金利が若干高くなります。

 

金利を安くするパターンですと、特約手数料:お借入額×2.00%(税抜)の融資事務手数料となります。

 

 

日本住宅ローンの口コミや評判はどうなの?

 

フラット35の取り扱いのある金融機関として、日本住宅ローンがあります。

 

日本住宅ローンは、積水ハウス、大和ハウス工業、住友林業、セキスイハイムと日立キャピタルの共同出資によって設立され、住宅ローンを専門に取り扱っています。

 

日本住宅ローンという名前だけではピンとこないかもしれませんが、大手ハウスメーカーの4社と日立キャピタルによって設立された会社と聞けば、信頼感や安心感もあります。

 

実際に、企業の安全性や信用性が評価されるランキングでも、日本住宅ローンはAランクを取得するほどの実績を誇っているそうですが、やはり利用される場合は口コミや評判も気になると思います。

 

そこで、ココでは日本住宅ローンの口コミや評判に注目してみました。

 

 

「住友林業で建て、日本住宅ローンでローンを組みました。
最初はここよりもネット銀行のフラットを選んだ方が最低金利だと思いましたが、実際に比較してみるとそれほど大差がなかったため、段取り面で最終的に日本住宅ローンを選びました。」

 

 

「日本住宅ローンは大手ハウスメーカーと提携していることもあり、基本的にハウスメーカーの営業さんに任せておけば大丈夫です。
最近は金利がかなり低く設定されているネット銀行のフラット35を安易に選択される方もいますが、基本的にネット銀行で申込みをする場合には、自分たちで進めていかなければならないので、特に利便性を重視される方の場合は日本住宅ローンがお勧めです。」

 

 

「実際に日本住宅ローンでも話を聞きましたが、結局地方銀行のローンを選びました。
日本住宅ローンの担当者は計算ミスが多かったり、質問の返答などもいい加減すぎて、次第に不信感を抱くようになったのが、ここを選ばなかった理由です。」

 

 

「たまたま担当者に知識がなかっただけ?なのか、説明もいい加減だし事務作業も遅く、正直対応は良くなかったですが、金利重視のため日本住宅ローンを選びました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

特に提携しているハウスメーカーで建築される場合だと、担当者がローンの手続きの面などでサポートしてくれるため、ネット銀行のように全て自分たちでやらなければならないという手間は省け、このあたりは高く評価されているように思います。

 

しかし、日本住宅ローンは業界でトップクラスの低金利というわけではないですし、融資を受けるまでの期間が短いというわけではないため、提携されているハウスメーカー以外の場合は、あまりメリットがない事に関しては多くの方が指摘されています。

 

日本住宅ローンにつなぎ融資はあるの?金利は?

 

フラット35で住宅ローンを組む場合、つなぎ融資を希望するのか?によっても選択する金融機関は異なってきます。

 

なぜなら、フラット35を取り扱う金融機関の中には、つなぎ融資やつなぎローンを用意していない金融機関もあり、つなぎ融資を希望していても利用することができないこともあるのです。

 

そもそも、つなぎ融資やローンはなぜ必要なのかを簡単に説明しておきます。

 

一般的にフラット35の融資が実行されるのは建物が完成してからになるのですが、注文住宅の場合だと、土地費用をはじめ、着工金や中間金などその都度お金の支払いが必要となります。

 

これらのお金を全て自己資金で支払う場合にはつなぎ融資は不要となります。

 

しかし、これらのお金を全て自己資金で支払うことが難しいというケースがほとんどで、その場合にフラット35の融資が実行されるまでに、これらのお金を一時的につなぐためにつなぎ融資という制度を利用するのです。

 

日本住宅ローンでは「MSJプロパーつなぎローン」といった商品が用意されており、MSJフラット35などの住宅ローンの融資が実行されるまでに、土地の購入資金や建物の着工金などの資金を一時的につなぐことができます。

 

MSJプロパーつなぎローンでは、土地購入資金、建物契約金、着工金、上棟金、竣工金のうち、希望に応じて最大4回に分けて融資を受けることが可能となります。

 

そして、MSJプロパーつなぎローンは無担保なので、抵当権設定の手続きなどの手間を省けますし、

 

融資事務手数料や利息の支払いに関してもMSJフラット35などの住宅ローンの融資金額から差し引かれる仕組みになっているので、面倒な手間を省くことができます。

 

ちなみに、MSJプロパーつなぎローンの融資手数料は一律100,000円(税別)に設定されています。

<スポンサードリンク>