このページでは、フラット35を扱うモーゲージバンクの「日本モーゲージサービス」の審査基準や手数料、評判やつなぎ融資の情報などについてまとめています。

 

これから、日本モーゲージサービスでフラット35を検討している方は参考にして下さい。

 

[スポンサーリンク]

 

 

日本モーゲージサービスの審査基準や審査期間は?

 

フラット35の取り扱いのある金融機関は沢山ありますが、金利の安さを重視される場合には、ネット銀行やモーゲージバンクの中から選ぶという方が多いようです。

 

フラット35を取り扱うネット銀行の中には最低水準となる金利を設定されているところもありますが、今回はモーゲージバンクの一つである日本モーゲージサービスに注目してみました。

 

日本モーゲージサービス株式会社は2005年に設立されました。

 

本社は東京都港区にあり、アライアンスパートナーとして全国展開されています。

 

フラット35を取り扱う金融機関の中にはフラット35、フラット35S以外の商品を取り扱っておらず、選択肢が限られてしまうケースも少なくないのですが、日本モーゲージサービスではフラット50やリフォーム一体型の住宅ローンを取り扱っているということも、大きな特徴としてあげられます。

 

独自の住宅ローンを取り扱っているというわけではありませんが、商品のラインナップも豊富で、最長35年間まで借入可能な長期固定金利型の「MSJフラット35」をはじめ、

 

最長50年間まで借入可能な「MSJフラット50」や、融資が実行される前に必要な費用をつなぐための「MSJプロパーつなぎローン」が用意されています。

 

さて、日本モーゲージサービスでローンを申込む場合の審査基準が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

フラット35の審査に関しては、それほど基準が厳しく設けられているわけではありません。

 

まず、最低年収が300万円など、銀行とは違い最低年収の制限などもありません。

 

しかし、年収400万円を基準として返済負担率の条件を満たす必要があります。

 

・年収が400万円未満の場合、返済負担率が30%以下であること。

 

・年収が400万円以上の場合、返済負担率が35%以下であること。

 

年収に対して、返済負担率をオーバーしてしまった場合は、審査に落ちたり、借入額を減額することで承認される場合もありますが、あくまで返済負担率の基準は目安程度とし、無理なく返済していけることが基本となります。

 

その他には、勤続年数が3年以上でなければならない、正社員でなければならないなどの条件は設けられていないため、転職して1年未満の場合や契約社員の方でもフラット35は利用可能となっています。

 

ただし、購入する建物に関しては、床面積が所定の条件を満たしていることや、住宅金融支援機構の定めた技術基準を満たしていることが審査基準となりますので、ローンを申込む前に確認しておく必要があります。

 

また、審査期間も気になるポイントですが、日本モーゲージサービスの公式サイトには具体的な日数などが記載されていませんでした。

 

参考までにですが、一般的には事前審査に数日〜1週間程度、本審査に2〜3週間程度が目安となっているようですが、書類の不備や審査が混み合っていたりすると、審査に時間がかかってしまうこともありますので、余裕を持って申込むようにして下さいね。

 

日本モーゲージサービスの融資手数料は高い?

 

住宅ローンを組む場合、フラット35も候補にあがっている方も多いのではと思います。

 

フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関が提携している、最長35年間の借入ができる全期間固定金利型の住宅ローンです。

 

都市銀行や地方銀行、ネット銀行、モーゲージバンクなどで取り扱っていますが、金利や手数料などは一律に設定されているというわけではなく、金融機関によって違ってきます。

 

ネット銀行やモーゲージバンクの場合、金利が低く設定されているイメージが強く、実際に業界で最低水準となる金利に設定されているところもあります。

 

しかし、金利が低くても融資を受ける際の手数料が高く設定されているというケースもありますので、このあたりをしっかりと見極め、フラット35を少しでもお得に借りるためには、金融機関選びも非常に重要なポイントとなってきます。

 

どの金融機関でもフラット35の場合は、ずっと固定金利であるということは変わりませんが、金利と融資手数料の設定金額は異なっていますので、まずはこれらを確認する必要があります。

 

そして、総返済額がいくらになるのか?ということを事前にしっかりとシュミレーションし比較すると、金額が数十万円も違うというケースはよくあります。

 

ローンの総返済額と手数料にかかる金額の合計を比較することで、金融機関選びの一つの目安になりますが、

 

ここでは日本モーゲージサービスの手数料に注目しまとめてみました。

 

この融資手数料に関しては、いくつかタイプが用意されており、自由に選べる金融機関も増えてきていますよね。

 

一般的には定率型で、融資額×●%の手数料が必要なタイプを導入されているところも多いように思いますが、このタイプの場合だと融資額によって手数料の金額が異なってきますし、借入時の負担も大きくなります。

 

一方で、定額型といって、融資額を問わずに手数料の金額を一律に設定することで、借入時の諸費用の負担は少なくなりますが、定率型よりもローンの総返済額が増えます。

 

日本モーゲージサービスのMSJフラット35の融資手数料を調べてみると、融資金額×1.945%(税別)の手数料が必要だということが分かりました。

 

また、最低手数料に関しては、150,000円(税別)と設定されていました。

 

この融資手数料は安くなく、比較的高い融資手数料だと言えます。。

 

やはり、金利も安く、融資手数料を安く抑えるのであれば、優良住宅ローンの一択となるでしょう。

 

 

 

日本モーゲージサービスの口コミや評判はどうなの?

 

工務店の勧めにより、日本モーゲージサービスで、フラット35の申込みを勧められるということもありますが、「正直、日本モーゲージサービスを初めて知った!」という方もおられるのではないでしょうか。

 

また、モーゲージバンクで住宅ローンを組むことが不安だという方もおられるかもしれませんし、本当にここで長期のローンを組んでも大丈夫だろうかと抵抗のある方もおられるかもしれません。

 

そんな時に参考にしたいのは、口コミや評判ではないかと思います。

 

そこで、今回は日本モーゲージサービスの口コミや評判を調べてみました。

 

 

「日本モーゲージサービスに電話をしたら、詳しい事は代理店に確認して下さいと言われ、正直あまり良い対応ではありませんでした。」

 

 

「日本モーゲージサービスで本審査に申込みましたが、すでに1ヶ月くらい経ちますがまだ審査中のようです。
担当者の話では、住宅金融支援機構の承認待ちだそうですが、着工もできずに打ち合わせも先行し過ぎているような状況で、ドキドキしながら結果を待っています。
どうやらフラット35Sは銀行系よりも、審査の期間が長くなってしまうようですが、申込みをする前に審査に時間がかかることを教えてほしかったです。」

 

 

「日本モーゲージにて審査中で、2週間近く経ちますが今はまだ返答はありません。
どうしてもフラット35でローンを組みたいため、日本モーゲージに問い合わせをしてみると、現在申込みが混み合っており、時間がかかっていると言われました。
ちなみに、地元の銀行でも同時に申込みをしましたが、1週間以内に返答を頂きました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

2016年に上場したことで、以前よりも知名度は高くなり、利用を検討される方も増えてきていますが、状況次第では審査に時間がかかってしまうことや、担当者の対応に不満を抱くような内容の口コミが中心となっていますが、あくまで目安程度とされて下さいね。

 

日本モーゲージサービスにつなぎ融資はあるの?金利は?

 

フラット35では、建物が完成してから融資が実行されますので、注文住宅のように先に土地の購入費用が必要になったり、契約時や着工時に支払いが必要な場合には、つなぎ融資やつなぎローンが必要になってきます。

 

実は、つなぎ融資の取り扱いのない金融機関もあるため、つなぎ融資の取り扱いに関しては事前に調べておく必要があります。

 

そこで、ここでは日本モーゲージサービスのつなぎ融資についてまとめてみました。

 

まず、日本モーゲージサービスではつなぎ融資やローンの取り扱いがあるのか?ということが重要になってきますが、つなぎ融資の取り扱いがあります。

 

日本モーゲージサービスでは「MSJプロパーつなぎローン」といった商品が用意されており、MSJフラット35などの住宅ローンを利用する場合で、融資が実行されるまでに必要となった土地購入資金などを一時的につなぐことができます。

 

MSJプロパーつなぎローンでは、土地購入時、建物契約時、着工時、上棟時、竣工時のうち、希望のタイミングに応じて最大4回に分けての融資が可能となっています。

 

そして、新築住宅のみならず、中古住宅を購入しリフォームを行うリフォーム一体型でも利用することができるといった特徴がありますが、つなぎローンの利用前に融資手数料についてもしっかりと確認しておく必要があります。

 

MSJプロパーつなぎローンの融資手数料に関しては、一律で100,000円(税別)となっており、MSJフラット35などの住宅ローンの融資金額から差し引かれます。

 

また、その他には収入印紙代や融資金振込手数料、登記関連費用などの費用が別途発生します。

<スポンサードリンク>