このページでは、フラット35を扱う「協同住宅ローン」の審査基準や手数料、評判やつなぎ融資の情報などについてまとめています。

 

これからフラット35で協同住宅ローンを検討している方は参考にしてください。

 

[スポンサーリンク]

 

 

協同住宅ローンのフラット35の審査基準や審査期間は?

 

フラット35を取り扱う金融機関の一つとして、協同住宅ローンがあります。

 

正式には協同住宅ローン株式会社と言いますが、1979年にJAバンクグループが出資して設立、住宅ローンを専門に取り扱っている金融機関です。

 

協同住宅ローンでは、購入資金を最高の100%まで融資可能な「マイホーム100」という自社ローンをはじめ、「定期借地権ローン」や「セカンドハウスローン」などもラインナップされていますが、「協住フラット35」の取り扱いもあります。
フラット35は民間金融機関と住宅金融支援機構のコラボによって誕生した、全期間固定金利型の住宅ローンで、金利に左右されないため、ローンの返済計画が立てやすいというメリットがあります。

 

そして、協同住宅ローンのフラット35の場合、他の住宅ローンと組み合わせることのできる「協住フラット35併用ローン」を利用することで、建築資金の100%までの借入が可能となります。

 

さらに、協同住宅ローンは保証料が不要や、新規に銀行口座を開設する必要がないなどの特徴がありますが、今回は協同住宅ローンの協住フラット35の審査基準や審査期間について紹介したいと思います。

 

まず、住宅ローンの申込みにあたり審査基準を気にされる方がほとんどだと思います。

 

協同住宅ローンの自社ローンの場合だと、勤続年数が3年以上であること、前年度の年収が200万円以上であること、団体信用生命保険への加入などの条件を満たす必要があります。

 

一方、協住フラット35の場合は、協同住宅ローンが独自に扱う住宅ローンではなく、住宅金融支援機構が定めた基準に基づき、協同住宅ローンが事前審査を行います。

 

フラット35の審査基準ですが、最低年収などの制限はなく、勤続年数や雇用形態なども問われませんが、借入できる金額には所定の制限が設けられています。

 

フラット35では年収400万円を基準とし、年収が400万円未満の場合は年間合計返済額の割合が30%以下であること、年収が400万円以上の場合は35%以下と、年収に見合った負担額となるように設定されています。

 

また、審査期間も気になるところですが、協同住宅ローンの公式サイトには具体的な日数などはかかれていませんが、一般的な審査期間の目安としては事前審査に1週間前後、本審査に2〜3週間程度を要するケースが多いようです。

 

しかし、その都度追加の書類が求められる場合には、審査期間に時間がかかってしまうこともありますので、審査をスムーズに進めたい場合は、必要書類を揃え万全な状態で申込みをされるようにして下さい。

 

協同住宅ローンのフラット35の融資手数料は高い!?

 

フラット35は、借入期間を最長35年とする住宅ローンで、全期間固定金利という特徴があります。

 

民間金融機関と住宅金融支援機構のコラボによって誕生した住宅ローンで、フラット35を取り扱っている金融機関であれば申込むことができます。

 

まずは、借入金利や融資条件、利便性などを重視した上で金融機関を選択されると思いますが、この時、融資手数料を見落としてしまい、『金利の安さで選んだのに、融資手数料が高く設定されていた、、、。』という失敗談は少なくないのです。

 

そのような失敗を防ぐためにも、借入金利だけではなく、手数料なども含めたローンの総返済額を事前にしっかりとシュミレーションしておく必要があります。

 

フラット35は多くの金融機関で取り扱っていますが、金利や手数料は金融機関によって違っています。

 

そこで、今回は協同住宅ローンの協住フラット35の融資手数料について紹介したいと思います。

 

融資手数料に関しては、定額タイプと定率タイプの2つを用意し、利用者が自由に選べるように配慮されている金融機関が増えてきていますが、協住フラット35も2つのタイプが用意されており、それぞれ融資手数料が異なっています。
Aタイプの場合だと、融資額×2.16%と、融資額によって負担額が異なってきますが、Aタイプの場合は借入金利が低く設定されているため、総返済額の負担が少なくなります。

 

一方、Bタイプの場合だと、54,000円と融資額に関係なく一律に設定されており、Aタイプよりも借入時の費用を抑えることができますが、金利はAタイプよりも高く設定されています。

 

協同住宅ローンの協住フラット35を検討されている方は、融資手数料に関して、AタイプかBタイプのどっちを選んだ方がお得なのだろうか、、、と悩まれるのではないでしょうか。

 

一般的に住宅ローンは20年、30年と長期で組まれるローンなので、借入金利などを考慮すると、融資額によって負担額が異なる定率タイプの方が長い目でみるとお得なのでは?と思います。

 

しかし、中には完済までの期間が短いケースもありますし、どちらがお得なのかは借入期間などによっても異なってきますので、実際にローンシュミレーションをし、総返済額を比較されることをお勧めします。

 

協同住宅ローンの融資手数料は高い方だと言えるでしょう。

 

 

協同住宅ローンのフラット35の口コミや評判はどうなの?

 

協同住宅ローンは、JAバンクグループが出資して設立された金融機関ですが、どちらかと言えば聞きなれない金融機関という方も多いのでは?と思います。

 

協同住宅ローンでは住宅ローンを専門に取り扱っていますが、原則として提携のある不動産会社経由で申込むというスタイルになっています。

 

建築、もしくは購入される住宅の不動産屋の担当者から、協同住宅ローンのフラット35を勧められたものの、やはり口コミや評判も気になると思います。

 

協同住宅ローンの場合は、引き落としの口座が限定されていないため、新規で銀行口座を開設する必要がないといった特徴があります。

 

ゆうちょ銀行や一部の金融機関での取り扱いはないようですが、都地銀、信用金庫、農協などの金融機関での利用が可能となっており、口座が指定されないということはかなり利便性が高いですが、その他の評判も気になるところです。

 

ここでは、協同住宅ローンの口コミを徹底調査しました。

 

 

「協同住宅ローンでフラット35を利用した者です。
私の場合は、投薬の影響で団信への加入ができずにフラット35を選びました。
対応は担当者次第ということはありますが、私は担当者の対応で不快に感じたことはありませんでした。」

 

 

「事前審査はすんなり通り、現在本審査に申込んでいます。
審査期間は少々時間がかかる印象ですが、担当者は親切な方です。」

 

 

「契約時は協同住宅ローン(東京)まで行きました。
火災保険や地震保険に関する疑問についても質問したのですが、対応もしっかりとしており非常に好感が持てました。」

 

 

「協同住宅ローンの場合は、引き落としの銀行口座が限定されないところは非常に便利だと思います。」

 

 

「他のノンバンクでは審査にどれぐらいの書類が必要なのかは分かりませんが、協同住宅ローンは提出書類も多く少し面倒に感じました。
ただ、担当者の方の対応は良く、親切にして頂きました。」

 

 

「以前はハウスメーカー経由でやりとりしていましたが、結局ハウスメーカーをキャンセルしたため、その時に担当者も変わり、その後の対応は酷いもので、結局協同住宅ローンを選びませんでした。」

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

口コミを見る限り、担当者によってその後の対応が左右されてしまうような印象を受けますが、このあたりはどの金融機関でも仕方ないことなのかもしれませんね。

 

 

協同住宅ローンのフラット35にはつなぎ融資はあるの?金利は?

 

家を購入する場合、多くの方が住宅ローンを組んで購入されると思いますが、住宅ローンを検討されている時につなぎ融資や、つなぎローンを取り扱っているのか?ということも重要になってきます。

 

特に注文住宅で建てる場合であれば、つなぎ融資を取り扱っている金融機関であることが、必須条件になるかと思います。

 

住宅ローンを利用するのに、なぜつなぎ融資が必要になるのか?と疑問に思われるかもしれませんが、住宅ローンの融資が実行されるのは建物の完成後になります。

 

しかし、注文住宅の場合は、土地の購入時や着工時、上棟時、完成時など、3〜4回に分けて資金を支払う必要があります。

 

例えば、土地の購入資金は全て自己資金で支払うことができても、その他の費用を全て自己資金で支払うことは困難ですが、つなぎ融資という制度を利用することで、ローンの融資が実行される前に必要となった費用を、一時的につなぐことができます。

 

ただし、注意しなければならないことは、つなぎ融資やつなぎローンは全ての金融機関が取り扱っているというわけではないということです。

 

協同住宅ローンでも、つなぎ融資の取り扱いはないようです。

 

協同住宅ローンでは「協住フラット35併用ローン」を扱っていますが、これは協同住宅ローンのフラット35と他のローンを組み合わせることで、建築資金の100%までの借入が可能というもので、つなぎ融資というわけではありません。

 

住宅ローンを組む場合、金利や手数料などを比較した上で金融機関を選ばれると思いますが、注文住宅の場合はつなぎ融資の有無も重要なポイントになってきますので、これらを考慮した上で最適な金融機関を選ばれて下さいね。

 

<スポンサードリンク>