このページでは、フラット35の専門モーゲージバンクで近年人気のある「ファミリーライフサービス」の審査基準や手数料、評判やつなぎ融資の情報などについてまとめています。

 

ファミリーライフサービスでフラット35を検討している方は参考にして下さい。

 

[スポンサーリンク]

 

 

ファミリーライフサービスの審査基準や審査期間は?

 

フラット35は全期間、固定金利の住宅ローンで最長で35年間利用することができます。

 

返済金利が固定なため、返済計画を立てやすいというメリットが存在しますが、フラット35を取り扱っている金融機関は沢山あります。

 

フラット35の取り扱い金融機関の一つとしてファミリーライフサービスがありますが、同じフラット35であっても金利をはじめ、融資事務手数料や保証料はそれぞれに設定されているため、金融機関選びも重要になってきます。

 

そこで、今回はファミリーライフサービスのフラット35の特徴についてまとめてみました。

 

まず、ファミリーライフサービスですが、質の良い家を低価格で供給されていることでなじみのある飯田グループホールディングスの系列の会社となります。

 

全国に営業所がありますが、ファミリーライフサービスの社員が訪問してくれるため、必要な手続きをスムーズに進めていくことができます。

 

ファミリーライフサービスのフラット35の金利にはいくつかタイプが用意されており、標準タイプ1、2、段階金利タイプ、手数料先払タイプの4つのタイプから選ぶことが可能となっています。

 

そして、ファミリーライフサービスのフラット35は審査期間が短いといった特徴があります。

 

一般的にフラット35の申込みを行ってから融資が実行されるまでに、約1ヶ月近い期間を要するというケースも多いようですが、ファミリーライフサービスの場合、申込みから実行までの最短期間は9営業日となっています。

 

実際にファミリーライフサービスを利用された方のケースですと、『事前審査に3日、本審査7営業日で承認されました!』との口コミもありましたので、特に審査結果が出るスピードが早いため、なるべく早く住宅ローンを組みたいという方には特にお勧めできる会社です。

 

また、ファミリーライフサービスのフラット35を検討されている方は、審査基準がどうなっているのか?なども気になると思いますが、フラット35の本審査は住宅支援機構が行いますので、どの金融機関で申込んでも、審査基準が変わることはありません。

 

ちなみに、フラット35では年収や勤続年数、雇用形態などの制限は設けられていません。
そのため、ファミリーライフサービスでもフラット35の審査を受けるうえで、年収や雇用形態などは問われないため、年収が低くてローンが厳しいのではないか?と思われている方や、パートや派遣社員のためローンを諦めていた方は、一度相談してみることをお勧めします。

 

ファミリーライフサービスの融資手数料は高いのか?

 

現在、住宅ローンは超低金利となっており、住宅ローンの借り換えを検討される方も少なくありません。

 

確かに低金利の時に、全期間固定金利のフラット35への借り換えを行った場合、住宅ローンの返済期間中は、金利が変わることなく、低金利のまま返済を続けていくことができますので、結果的に返済総額を少しでも減らすことができ、長い目でみるとお得になることもあります。

 

しかし、金利と同じく、重視しなければならないものはローンの借り換え時に発生する手数料です。

 

手数料はローンの借り換え時だけではなく、新規でローンを組む場合にも必要になってきますが、金融機関によっても費用は異なってきますので、そのあたりも比較対象となります。

 

フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関のコラボによって生まれた住宅ローンで、審査基準は機構が定めていますが、申込み窓口となる金融機関によって金利をはじめ、融資事務手数料が異なっています。

 

例えば、融資事務手数料が一律で設定されている金融機関もあれば、ネットの申込み限定で手数料が通常の半額になるという制度を導入されているところもあります。

 

飯田グループホールディングスの系列会社となるファミリーライフサービスのフラット35は、金利のタイプを選択することができますし、比較的審査期間が短く、申込みから融資実行までが早いといった特徴がありますが、手数料はどれぐらいなのでしょうか。

 

ファミリーライフサービスのフラット35では金利のタイプを選ぶことが可能と紹介しましたが、融資全期間の手数料を先払いにすることで、全期間の金利を引き下げることができる手数料先払タイプの融資事務手数料は、融資額×1.65%(消費税込)となっています。

 

また、標準タイプ1の融資事務手数料は32,400円(消費税込)、標準タイプ2の融資事務手数料は100,800円(消費税込)、段階金利タイプの融資事務手数料は融資額×0.87%(消費税込)とされています。

 

ローンを組む時の融資事務手数料や保証料によっては、損してしまうこともありますので、融資額に対してどれぐらいの手数料がかかるのかを、事前にしっかりとシュミレーションしたうえで、お得な金融機関を選ぶようにして下さい。

 

 

ファミリーライフサービスの口コミや評判はどうなの?

 

フラット35の取り扱い金融機関の一つにファミリーライフサービスがありますが、フラット35を取り扱っている金融機関はファミリーライフサービス以外にも沢山あります。

 

そのため、金利や事務手数料の安さだけではなく、口コミや評判が良いところを選びたいものです。

 

そこで、今回はファミリーライフサービスのフラット35の口コミを集めてみました。

 

 

「フラット35の利用にあたり、ファミリーさんを含め何社かで検討しましたが、中でもファミリーさんの対応は速く、金消契約も自宅まで来てもらいました。
申込みから約2週間ほどで融資を頂き、当初予定していた引き渡し日を変更せずに済みました。
もちろん対応の速さだけではなく、金利や手数料も安いと思いました。」

 

 

「ファミリーライフサービスは審査を通すために、カードや携帯の精算が必要など何かと条件が多く、思っていたよりも審査に時間がかかってしまいました。
結局、ファミリーライフサービスではないところでローンを組むことになったのですが、そのことをファミリーさんの担当者に連絡したら、態度が悪すぎて驚きました。」

 

 

「うちの場合は事前審査で4日、本審査で10日かかりました。
ファミリーライフサービスの営業さんがフラット35のことを熟知しており、仕組みなどを丁寧に教えてくれ、結局ファミリーでローンを組むことにしました。」

 

 

「事前審査無しで、申込み後3日で承認の連絡が来ました。
最初は、金利や手数料のことも考慮して他のところで考えていましたが、比較してみるとそこよりも手数料が安いことが発覚し、ファミリーを選びました。
ただ、担当者はあまり印象の良い人ではなかったですが、このあたりは当たり外れがあるようですね。
それでもスムーズに事が進んでいきましたので結果は良かったと思っています。」

 

 

「担当してくれた方は説明も分かりやすく、マメに連絡くれたりと対応も丁寧でした。」

 

「最初の電話の時の対応はイマイチでしたが、担当の営業さんは特に対応で気になることはありませんでした。
フラット35をいくつかの会社で検討しましたが、我が家の場合はファミリーさんが一番条件が良かったです。」

 

 

「我が家もファミリーライフサービスさんでローンを組むことになりました。
実際に繰り上げ返済のシュミレーションをして下さったので、淡々と話しをされるよりも支払いのイメージがしやすかったです。」

 

 

いかがでしょうか。

 

ファミリーライフサービスの口コミや評判ですが、やはり担当者の対応によっても印象が大きく左右してしまうようで、丁寧な対応で満足されている方がいる反面、営業マンの対応に不満を感じてしまう方がおられるのも事実で、このあたりは残念な部分でもあります。

 

ファミリーライフサービスにはつなぎ融資はあるの?金利は?

 

土地を購入して注文住宅を建てる場合、まず土地取得費用が必要になってきます。

 

立地条件が良く、利便性の良いところでは土地代もかなり高額になってくるため、現金一括で用意することは難しいですし、また土地を購入しそこに住宅を建築する際にも工事の着手金、中間金、引渡金がその都度、必要になってきます。

 

そんな時にはつなぎ融資を利用することで、必要な費用を用意することができます。

 

ファミリーライフサービスではつなぎ融資にも対応されていますが、ファミリーライフサービスのつなぎ融資の概要について簡単にまとめました。

 

・利用できる方:ファミリーライフサービスのフラット35に申込みをし、買取仮承認を取得した人。

 

・融資金額:100万円以上(10万円単位)
※複数回にわたり、つなぎ融資を受けられる場合は合計金額がフラット35の買取仮承認金額を超えないこと。

 

・事務手数料:97,200円(消費税込)

 

・担保:原則不要
※つなぎ融資合計額が5,000万円を超え、団信へ加入できない場合には第1位の抵当権が設定されます。

 

・保証人:不要

 

・金利:年2.4%(実質年率4.101%〜4.699%)

 

 

ファミリーライフサービスのつなぎ融資はローンの実行時に一括で返済するため、手続きも簡単に済ますことができるといったことも嬉しいポイントですね。

<スポンサードリンク>