住宅ローンを利用する場合、原則として建物が完成した後に融資が実行されます。しかし、注文住宅で建てる場合は、まだ家が完成していないのに着手金や中間金、引渡金などの支払いが必要となってきます。

 

または、土地から購入して建てる場合だと、土地代金も必要となってきます。

 

[スポンサーリンク]

 

これらの費用を全て自己資金でまかなうことが可能であれば問題ないのですが、土地代金をはじめ、着手金、中間金などを工面するとなると、大金なので、よほどの預貯金がない限り支払うことは困難です。

 

そんな時には、つなぎ融資という選択があります。

 

住宅ローンに関する知識が豊富な方はすでにご存知だと思いますが、つなぎ融資とは、住宅ローンの融資が実行される前に、土地代金や着手金などのまとまったお金が必要となった場合に、別の融資でつなぐことです。

 

注文住宅の場合は、土地代金、着手金、中間金などを建物が完成する前に支払いを求められるため、主に注文住宅を建てる場合につなぎ融資を利用されるというケースが多いです。

 

つなぎ融資を利用することで、一時的にまとまったお金を用意することができますが、つなぎ融資はどの金融機関でも利用できるというわけではありませんので、事前につなぎ融資の取り扱いがあるのかを確認しておく必要があります。

 

全期間、固定金利で安心の住宅ローンとしてフラット35がありますが、フラット35の公式サイトには、資金実行までにお金が必要となった場合の中間資金に関しては、対応されていないようで、住宅金融支援機構からのつなぎ融資は受けることはできません。

 

しかし、フラット35は各金融機関で取り扱っており、その金融機関が独自のつなぎ融資を用意しているところもあるため、つなぎ融資が必要な場合は相談されることをお勧めします。ちなみに、ファミリーライフサービスではフラット35を取り扱っていますが、フラット35の申込みをされた方で、住宅金融支援機構の買取仮承認を取得された方専用のつなぎ融資も用意されています。

 

着手金や中間金は建築請負契約金額の30%までなら分割での実行が可能となりますが、複数回に分けてつなぎ融資による借り入れが行われた場合は、合計金額がフラット35の買取仮承認金額を超えないことを条件とされています。

 

フラット35のつなぎ融資に対応している所(一部)

 

●ARUHI(アルヒ)→ 公式サイトはコチラ

 

●楽天銀行

 

●イオン銀行

 

●優良住宅ローン

 

 

フラット35のつなぎ融資に対応してない所(一部)

 

●住信SBIネット銀行

 

フラット35に力を入れている「住信SBIネット銀行」なのですが、実はフラット35に対応していないのです。。これは申し込みをしてしまってから気がつく方も多いのですが、残念ですね。

 

しかし、住信SBIネット銀行がおススメしている他社のつなぎ融資があります。アプラスのブリッジローンです。

 

むしろこれしか、住信SBIネット銀行のつなぎ融資には対応していないと言っても良いでしょう。ほとんど金融機関のつなぎ融資の第一条件が、自社で申し込みをした場合だからです。

 

住信SBIネット銀行でフラット35を申し込み→楽天銀行のつなぎ融資などはできないという事です。

 

このアプラスのブリッジローンなのですが、なかなか審査が通らない事が有名でもあります。※地方の工務店などの施工会社や物件価値低い土地などはまず通らないと思って下さい。へこまずにすみますので。

 

これは自分たちではどうしようもない事なので、住信SBIネット銀行のフラット35でつなぎ融資を希望の場合は→アプラスのブリッジローンに申し込みます。→ダメなら、ARUHI 公式サイトはコチラ や楽天銀行などのつなぎ融資がある銀行で再申込して下さい。

 

住信SBIネット銀行の場合はこの方法しかない本当に無いのが現状です。

 

 

フラット35でつなぎ融資が不要な場合

 

つなぎ融資が不要な場合はあるのでしょうか?

 

あります。それは、建売の住宅やマンションを購入する場合です。この場合はすでに建物などが存在している為、注文住宅とは違うので、土地代金、着工金や中間金などを払う必要が無いのです。

 

この場合ですと金利が安い、SBIネット銀行を選択肢に入れても良いでしょう。

 

 

最後に

 

つなぎ融資の欠点についても少しだけふれておきたいと思います。一般的な住宅ローンと比較すると、つなぎ融資の金利は高く設定されており、平均は3%前後、中にはそれ以上の金利のところもあります。

 

また、金利のほか、事務手数料なども必要となり、金融機関によって異なってきます。

 

ファミリーライフサービスの場合だと、つなぎ融資の事務手数料は97,200円(消費税込)となっており、この他、住宅融資保険手数料などもかかってきます。

 

つなぎ融資を利用することで、一時的な借り入れが可能となり、まとまった自己資金が用意できなくても土地を購入したり、注文住宅を建てることができます。

 

しかし、一般的な住宅ローンと比較すると、つなぎ融資の金利は高めですし、手数料などがかかるということを理解したうえで、どの金融機関にするか検討する必要があります。

 

 

フラット35のつなぎ融資の金利・手数料を比較

 

2018年7月現在 金利(年) 事務手数料
ARUHI(アルヒ)→ 公式サイトはコチラ

3.6%〜

108,000円

楽天銀行

2.63%

108,000円

みずほ銀行

3.675%

32,400円

 

 

借り換えやマンション、建売住宅の購入であればつなぎ融資は不要となります。しかし、注文住宅であれば必ず必要となってきますので、フラットで住宅ローンを考えている方はつなぎ融資の金利や手数料も必要な諸費用といて考えおく方がよいかなと思います。

 

 

ちなみにつなぎ融資は住宅ローン控除等は対象外となっています。住宅ローン控除が受けられるのはあくまで住宅ローンの部分だけですのでつなぎローンを受けたからといって税金控除がされる訳ではないのでご注意ください。

<スポンサードリンク>