もともとマンション住まいだったものの、子どもの成長とともに庭付きの一戸建ての購入を検討したり、別荘としてセカンドハウスの購入を検討されるケースがあります。

 

 

しかし、現在住んでいる住宅のローンをすでに組んでいる状態だと、新たに条件を満たす物件が見つかったとしても、住宅ローンを組むことができるのだろうか?といった悩みに直面すると思います。

 

[スポンサーリンク]

 

ネット上で、情報収集すると、『原則として二重ローンを組むことができませんよ!』『最初に契約したローンを完済していないのに、新たにローンを組むのですか?完済していないのに無理ですよ、、。』と否定的な意見も多く見受けられます。

 

そもそも、二重ローンとは、すでに1つの住宅ローンを組んでいる状態で、新たに購入する住宅のローンを組むことです。当然、二重ローンを組まれている場合、同時に2つのローンの返済をしていかなければならないため、金融機関側も融資に関しては、返済能力があるのか厳しくチェックしてきます。

 

一般的に住宅ローンというものは、融資を受ける本人または、家族が住む家であることを前提とされていますので、一世帯に一つの住宅ローンとみなされるのですが、金融機関によっては、セカンドハウスを購入するためのローンとして、セカンドハウスローンを取り扱っているところもあるようです。

 

ただし、セカンドハウスローンは、通常の住宅ローンの金利よりも高く設定されており、やはり敷居が高く、ごく一部の限られた人しか融資を受けられない現状もあります。

 

そんな時にお勧めな住宅ローンがフラット35です。

 

フラット35では、二重にローンを組む場合でも、通常の住宅ローンの金利での借り入れが可能とされており、金利が上乗せされることはありませんし、全期間、固定金利で変動しないため、返済額が一定だというメリットがあります。その反面、借り入れ限度額が8,000万円に設定されているため、それ以上の物件の購入を検討されている場合、融資の対象とはなりません。

 

 

フラット35で二重にローンを組むための条件は以下の通りです。

 

 

条件1:投資物件ではなく、融資を受ける物件に本人、または親や子が住むこと

 

条件2:住宅ローンの返済比率が基準値以内であること

 

 

以上のような条件を満たす場合に、二重にローンを組むこともできますが、条件2の返済比率ですが、フラット35では返済負担率が30〜35%以内に設定されています。

 

年収

400万未満 400万以上

基準

30%以下

35%以下

 

返済負担率とは、年収に対して、年間のローンの返済額の割合を示しており、当然、一つ目の住宅ローンと合算されますので、二重ローンの場合、返済負担率でひかかってしまい、審査に通らないという可能性が高くなります。車のローンなどがある場合は、そのローンも合算されますので、更に二重ローンが組みにくくなり、ローンが多いほど不利です。

 

 

しかし、二重ローンが組めたからといって、ホッとするのではなく、二重ローンが組めた場合は、当然毎月の返済負担額が増えますので、これまでよりも家計の状況が厳しくなり、生活水準が下がってしまう可能性もありますので、より慎重な返済計画が求められます。

<スポンサードリンク>