ハウスメーカーの中には、住宅ローンは長期間固定金利のフラット35を検討していることを伝えても、あまり良い顔をしない営業マンなどもいるようです。

 

 

実際、我が家の場合だと、某ハウスメーカーが付き合いのある地方の銀行を紹介され、他の銀行を検討することなく、その銀行が勧める住宅ローンのプランで契約したため、最初からフラット35の言葉も出てきませんでした。

 

 

大金を借りて返済していくのはその家の持ち主ですから、フラット35を希望されているのであれば、その要望通り申請の手続きをしてあげればいいのに、なぜハウスメーカーの中にはフラット35を嫌がるところがあるのでしょうか?

 

[スポンサーリンク]

 

それは、まず1つめに、フラット35の申請の手続きが面倒だからという理由でフラット35を嫌うハウスメーカーなどもあり、最初からフラット35でのローンを勧めないようですね。

 

また、フラット35の窓口となっている金融機関にフラット35を検討していることを伝えたら、あからさまに嫌な顔をされてしまったといった話もよく聞きますが、なぜ金融機関はフラット35をあまりお勧めしないのでしょうか?

 

金融機関がフラット35を嫌がる理由としては、基本的に自社が独自で出している住宅ローンをお勧めしていますし、銀行マンは少しでも自社商品を売って販売成績をあげたいと考えています。

 

金融機関の住宅ローンなら利息分が全て金融機関側の儲けとなりますが、フラット35は金融機関と住宅金融支援機構のコラボ商品のため、全て金融機関側の儲けとならない理由から、住宅金融支援機構のフラット35を勧めていないようです。

 

つまり、フラット35は進めても儲からないのです。フラット35の場合は融資手数料のみしか銀行の利益にならず、なお通常の住宅ローンよりも提出書類が多く面倒なので、進めない銀行の方が圧倒的の多いです。

 

自社の住宅ローンで厳しいそうなら、フラットを進めずに、他の金融機関を当たってみて下さいというところも少なくありません。

 

さらに、フラット35の最大のメリットとして、最長で35年間、ずっと固定金利で借りられるということがあげられます。

 

もし仮に金利が低い時期に借り入れでき、その後金利があがっても、フラット35なら金利があがることはなく、融資実行時に確定した借入金利での返済を続けていくことができます。

 

そのため、ずっと固定金利のフラット35でローンを組まれては、万が一、金利があがってくると金融機関側は損をするというリスクもありますので、固定金利ではなく変動金利を勧めてくるところが多いようです。

 

住宅金融支援機構が行ったアンケート調査によりますと、2017年度(下期)に住宅ローンを利用された方の約57%の人が、変動型金利を選ばれたという調査結果だったようです。

 

その背景には、金利が安く、低金利が長期化することなどが理由としてあげられていますが、金融機関側にとっても変動型だとリスクは少なくなります。

 

それでも個人事業主などでどうしてもフラット35にしたい人は数多くいるのに、銀行は話すら進めてくれない場合はどうしたらよいの?

 

銀行以外の取次店から申込みをする

 

地方銀行や自社の住宅ローンがある銀行では、まずフラットを向こうから進めてくることはありません。さらに、こちらからお願いしても適当な理由をつけて断ってくる銀行もあるぐらいです。

 

そのせいか、フラット35の申し込みの8割がモーゲージバンク経由とのデータも出ています。。

 

そんなときは、ネット銀行やモーゲージバンクからフラット35を申し込むようにしましょう。

 

モーゲージバンクはフラット35しか紹介していない為、話が進みやすいのは間違いないでしょう。ネット銀行は自社の住宅ローンをラインナップしている所もありますが、フラット35で申し込めば、一切嫌がらずに審査へ話を進めてくれます。

 

 

地方銀行以外の一覧は下記です

 

ネット銀行系

 

●楽天銀行

 

●住信SBIネット銀行

 

●イオン銀行

 

モーゲージバンク等

 

●ARUHI(アルヒ)→

公式サイトはコチラ

 

●優良住宅ローン

 

●クレディセゾン

 

●オリックス・クレジット

 

●協同住宅ローン

 

●ジェイ・モーゲージバンク

 

●日本住宅ローン

 

●東京クレジットサービス

 

●全宅住宅ローン

 

●ファミリーライフサービス

 

●日本モーゲージサービス

 

●ハウスデポパートナーズ

 

●シャープファイナンス

 

●三井住友海上火災保険

 

●あいおいニッセイ同和損害保険

 

●財形住宅金融

 

モーゲージバンク(各ハウスメーカー向き)

 

●旭化成ホームズファイナンシャル

 

●トヨタファイナンス

 

●LIXILホームファイナンス

 

●一条住宅ローン

 

●ミサワファイナンシャルサービス

 

●ヤマダファイナンスサービス

 

 

これだけのネット銀行やモーゲージバンクがあるので安心して下さい。地方銀行でフラットを進めるのを嫌がられたら迷わず上記のどこかに申し込むと良いでしょう。

 

各ハウスで紹介したモーゲージバンクは、そのハウスメーカーで建てる場合のみ利用できますので、上記のハウスメーカーで建築予定の方は営業マンと相談してみると良いでしょう。

 

その他のハウスメーカーや工務店で建築予定の場合や少しでも安い金利が良い場合は、

 

ARUHIが一番おススメできます。

 

事前審査も早い、手数料もネット申し込みなら半額、金利も安い、つなぎ融資にも対応の良いことづくめです。

 

また、アルヒでは、ネットではなんだか不安な方にも安心の店舗での相談を受け付けています。

 

全国に140以上の店舗があるので、アルヒの担当とじっくり相談したい方には自宅から近い店舗探して来店もおススメですよ。

 

8年連続シェア1位

 

WEB事前審査や来店予約はこちらからできます↓

 



<スポンサードリンク>